小型の犬種で体臭が弱い|長く愛犬に生きてもらうには病気の知識を得ておこう

長く愛犬に生きてもらうには病気の知識を得ておこう

小型の犬種で体臭が弱い

パピヨン

蝶々のような大きな耳

パピヨンは、体重が2.5キロから5キロ前後の小型の犬種ですが、他の種類と大きく違うのは、大きな耳が特徴になっています。パピヨンとは、フランス語で蝶々という意味で、耳が蝶々が羽を広げたような形状になっているので、この呼び名が付いています。シルクのような手触りの美しい被毛をしており、ブラッシングを怠ると毛が絡みやすいので、こまめにお手入れをしてあげて下さい。リスのような愛らしいしっぽが特徴になっており、非常に頭が良く、しつけもしやすいので、室内飼いに向いています。他の犬種に比べると体臭が弱いため、3、4週間に一回程度、シャンプーをしてあげると良いでしょう。普段から評判の高いトリミングサロンを見つけておくと安心です。

明るく人懐こい性質

パピヨンは大変好奇心が強い性質をしており、明るく人懐こい性格なので、初めて犬を飼育する人も飼いやすいのが特徴になっています。体が小さいので、マンションなどでも飼育がしやすく、一人暮らしの人にも人気があります。信頼できる評判の高いブリーダーの下で育った、骨格ががっしりしており、毛艶やが良く、活発で明るい性質のパピヨンの子犬を選んで下さい。体の大きさには、多少の違いがありますが、筋肉や骨の成長のためには、適度な運動が必要なので、ドッグランを使用したり、散歩をさせてあげて下さい。暑い時期や寒い時期は、体調を崩しやすいので、部屋の温度を一定に保ってあげるようにしたり、高品質なペット服を着せてあげると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加