長く愛犬に生きてもらうには病気の知識を得ておこう

寿命が伸びている

ドッグ

食餌に関して

人間同様、犬も年々寿命が伸びています。当然ながら、歳をとればとるほどさまざまな病気にかかるリスクが高くなってきます。病気のリスクを低くするには食餌に気を配ってあげることが大事です。近年、高齢犬用のフードが支持されるようになってきました。犬の年齢に見合った食餌に変更することで、老化による影響を遅らせることができます。また、最近は皮膚病や関節疾患など、病気に合わせたフードもあります。ペットショップや通販サービスで購入しましょう。もちろん、市販のフードに頼らず、飼い主自らが手作りしてもOKです。ウェブサイトでレシピを入手するのもいいでしょう。犬の手作りフードの作り方を教える教室の人気も高まっています。通うのもひとつの方法でしょう。

フル活用する

犬を飼うのなら、動物病院を最大限活用するようにしましょう。飼い犬の状態がおかしくなってから連れていくのではもったいないです。治療のために訪れるだけでなく、病気を早期発見するためにも連れていくようにしましょう。最近は人間ドックならぬ、ドッグドックを実施している動物病院が増えてきています。病気の早期発見、健康管理に大いに役立ってくれるでしょう。ドッグドックでは身体測定はもちろん、聴診や触診や外貌検査、血液検査やレントゲン撮影などもできます。腹部エコー診断や腫瘍検査、検便などを受けることも可能です。人間ドックと大差ないと言っていいでしょう。犬の年齢が10歳を過ぎたら、年に1回はドッグドックを受けるようにしたいです。

パピヨン

小型の犬種で体臭が弱い

パピヨンは、体重が2.5キロから5キロ前後の小型犬のことで、他の犬種と大きく違っているのは、大きな耳が特徴になっており、蝶々が羽を広げたような形状なので、この名前が付いています。他の犬種に比べると体臭も弱い傾向があります。

複数の犬

個性的な愛らしさ

人気のミックス犬であるチワックスは、チワワの顔に胴長短足の愛らしい姿が特徴です。体形上足腰に負担がかかるため買い方に注意が必要になります。性格は警戒心が強く無駄吠えもありますが、飼い主に対する愛着が強いです。

骨壺

ペットも最後まで家族

ペットを家族の一員として大切に育てる方が増え、最後の供養も人間と同じようにしてあげたいという気持ちに寄り添うのがペット火葬のサービスです。神社やお寺、霊園が火葬から供養までしてくれるケースや返骨してくれるケース、自宅近くで火葬してくれるサービスなど様々なペット火葬があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加